名状しがたいブログのようなもの

アクセスカウンタ

zoom RSS きっかけ

<<   作成日時 : 2010/02/04 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

今日は「うつ病」になったきっかけを語りたいと思います。

今を去ること10年ほど前の、1999年10月に今の会社に「出向」となりました。
子会社から親会社への出向なので、傍目に見れば「栄転」かもしれませんが、現実は惨憺たるものでした。

当時出向した組織は、出来立てで体制がぐらついていました。
しかも約1名のお偉方の機嫌をうかがうかのように、とにかくそのお偉方の逆鱗に触れないようにしていました。
このお偉方はいわゆる「パワハラ人間」であり、人前で怒鳴り散らすことを生きがいにしているような、最悪の人間でした。
無秩序と言っても過言ではないでしょう。

自分の上司に規定をまとめるように指示を受けたので「原紙を見せて欲しい」と言ったところ、そこには今まで経験したことのない「杜撰さ」を味わったのです。
その「原紙」と呼ばれた規定は「4 in 1」の縮小コピーで、しかもメモ書きされたものでした。
今まで見てきた中で一番ひどい原紙でした。私は「キレて」しまい、「こんなガラクタのどこが原紙だ!! ふざけるな!!!」と激昂したのですが、その上司はヘラヘラ笑っただけだったのです。

そんな出来事があった後、出向して一ヶ月後に、元いた会社に「出張」ということで、1ヶ月間戻りました。
そこはしっかりとした管理体制で、安心して仕事が出来ました。

そして出張も終わり、出向先に戻ると、今度は特許を書くように言われました。
もうすでに、その上司のことを上司と思ってはいませんでしたが、とりあえずは書き始めました。しかしなかなかネタが見つからず、だんだんイライラするようになりました。
そんな毎日が続いたせいでしょう。喫煙コーナーで煙草を吸っていたところ、昔お世話になった同じ出向元の会社の上司に「なんか人格が、変わったんじゃないか?」と言われました。
傍から見てそう思われたと言うことは、そうとう精神的に追い詰められていたのでしょう。
週末になって、精神科に通院し、現状を話したところ「うつ病」と診断されました。

そして2010年になるまで、合計4回の休職をとったのでした」。
その間に部署を転々とし、いろいろな上司の下につきましたが、降格させられたり、評価がまっとうに行われないなど、不遇の月日を過ごしたのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
似たような経験を僕もしています。一度出向になると、戻れなくなるんですね。僕の場合は元に居た場所が濁って見えました。戻るや否や親会社への出向が決まっていたのですが、これは当時の上司の単独の判断で。。。所謂統帥権の干犯というやつです。怒りました。そしてABWR部門へ左遷です。新型の原子炉の設計という事で、技術的な危機感を抱いていた僕は原子力を徹底的に勉強しました。が。結論は「東京湾に原子炉を作れば効率的なのに何故?」という事でした。そして当時、会社の純利が何と300万円だったのです。明らかに粉飾決算です。もう耐え切れませんでした。とまぁそんなことがあって外に出て。以来10年です。再び元??に戻るべくあがいていますが、漸く試験に受かって取っ掛かりだけはできました。でもこれで漸くステージ3です。まだまだ先は長いです。僕が軽い鬱になったのは。。。製図試験直前に親しくしていた方の手のひら返しでした。試験日も知っていたしね。最後の2週間はまともに勉強できませんでした。そういう意味で凄く悔いが残っています。でも。結果は勝てたので。。。。
今はテニスをやって心の復帰を図っています。スポーツをする人たち独特の雰囲気が何とも心地よいです。まぁ試合になると人間が出ますが。MAYBIさんも少し外に出てみませんか?鉄道模型だと逆にストレス溜まりそうだし。汗を流すのも良いものですよ。(^^)
ほお次郎
2010/02/04 23:45
ほお次郎さん、コメントありがとうございます。

鬱って、「心の風邪」とも言われるほど、誰でもあるきっかけを基に発症してしまうんですよね。
私も初期の鬱のときは、誰も信じられなくなり、やる気が起きないなど、典型的な鬱でした。

1回目の復職後には上司や仲間も大幅に替わっていて、いる場所があるのかないのかよくわかりませんでした。
当時はすぐに主任になれるポジションにいたのですが、評価をまっとうにしてもらえなかったのか、見送りになりました。
そしてその上司が退職することとなり、孤立しかけたところ、別の部署に引き取ってもらいました。
そこの上位上司は元は同じ会社で上司だった人で、気心が知れていたのですが、その方も退職され、後任の上司が来たのですが・・・。
この方も結構パワハラ人間で、降格させられたり、仕事を干されたりしました。
また、部署内に一番毛嫌いしていた人物がいるなど、環境的にもかなりしんどい状態になり、ここでも休職しました。

今はまたまた昔の職場にいた知り合いの上司の下、ヒマ8割、多忙2割程度で働いています。

運動ですか、そうですね〜。
私はメタボなので、運動しないといけないのは判っていますが、軽く身体を動かすウォーキング時間を増やしてみましょうかね。
一応日々歩数計を付けて通勤していますが、1日の歩数は2000歩くらいで、たいした運動をしていないことを実感しています。
myabi
2010/02/05 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントは管理者の承認が完了するまで反映されません。
きっかけ 名状しがたいブログのようなもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる