名状しがたいブログのようなもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 架空鉄道の始祖

<<   作成日時 : 2010/05/08 05:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今の自分がいわゆる「架空鉄道」にハマったキッカケは、今は亡き「蒲原鉄道」を訪れたことに始まります。
その後、手持ちの鉄道模型誌「鉄道模型趣味」に掲載された、松井久明さんの「鯨川地方鉄道」や会田充彦さんの「湘南急行・湘南交通」、宮下洋一さんの「地鉄電車」には、大きな衝撃を受けたのでした。

いずれも16番でしたが、特に鯨川鉄道が発表された当時は、16番といえば、ガチガチのスケールモデルが主流であり、自由形はある種のタブーとされている風潮がありました。
しかし、巧みに構成された鯨川鉄道は、自由形でもまったく違和感がなく、きちんとまとまった会社のような、いかにも現実にありそうなテーマでまとまっていたのでした。

その後、湘南交通、地鉄電車を含めた3鉄道は、今の自分の模型ライフを構成するのに多大な影響を与えたのです。
このお三方がいなかったら、多分ナローゲージにも目も向けず、フリーランスを楽しむこともできなかったでしょう。



鉄道模型趣味 2010年 05月号 [雑誌]
機芸出版社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントは管理者の承認が完了するまで反映されません。
架空鉄道の始祖 名状しがたいブログのようなもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる